【公式!!TV放送!】大奥ドラマ 2023 テレビ放送・放送・ライブ放送・生中継・生放送 2022年01月11日 NHK

【今夜の“男女逆転”大奥】第1話 貧乏旗本の息子・水野祐之進が大奥へ!8代将軍・徳川吉宗から最初に…“男女逆転の大奥”を描くNHKドラマ10「大奥」(火曜後10・00)は10日、15分拡大版でスタートする。

🔴生中継▶️ https://www.nhk.jp/ooku-drama-2023/

🔴生中継▶️ https://www.nhk.jp/ooku-drama-2023/

 第1話は「八代将軍吉宗・水野祐之進編」。若い男にのみ感染し、致死率80%に及ぶ奇病「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」が蔓延し、男の数が激減した江戸時代。男子の多くが、種馬としての人生を送っていた。一方、女は労働を担い、将軍職も女へと引き継がれていた。そんな中、貧乏な旗本の息子・水野祐之進(中島裕翔)は幼馴染・信(白石聖)との結婚を諦めようと、大奥入りを決意。そして、8代将軍・徳川吉宗(冨永愛)から最初に声が掛かるが…という展開。

男女逆転”『大奥』2023年・NHK版と2010年代・映画&TBSドラマ版キャストを比較(クランクイン!) - Yahoo!ニュース

原作は、隔月刊誌「MELODY」(白泉社)に2004年8月号から21年2月号まで連載された漫画家・よしながふみ氏の同名人気作。3代将軍・徳川家光の時代から幕末・大政奉還に至るまで、男女が逆転した江戸パラレルワールドを描き、センセーションを巻き起こした。全19巻は累計600万部(紙・電子)を誇る。過去3度、映像化。今回は家光編から物語のラスト・大政奉還まで初めて映像化される。脚本は連続テレビ小説「ごちそうさん」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」などの森下佳子氏が手掛ける。主題歌はシンガー・ソングライター、幾田りらが新曲「蒲公英」(たんぽぽ)を書き下ろした。“男女逆転”『大奥』2023年・NHK版と2010年代・映画&TBSドラマ版キャストを比較『西洋骨董洋菓子店』『きのう何食べた?』などを手がけた漫画家・よしながふみの代表作『大奥』が実写ドラマ化され、10日からNHK総合「ドラマ10」枠で放送される。この作品については2010年〜2012年にかけて実写化された映画やドラマを覚えている人も多いハズ。ここでは、2023年版と2010年代版の『大奥』のキャストを比較していきたい。

【写真】2010年~2012年の映画・ドラマ版と、2023年NHKドラマ10版『大奥』キャストたち<フォトギャラリー>
 よしながふみの漫画『大奥』は、3代将軍・家光の時代から幕末・大政奉還にいたるまで、男女の立場や役割が逆転した“パラレルワールド”の江戸を舞台に、ジェンダー、権力、疫病といった現代人が直面している社会課題を大胆に問い直した異色時代劇。

 今月からスタートするドラマは『JIN-仁-』(TBS系)シリーズや大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合)、『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)などで知られる森下佳子が脚本を担当することでも注目を集めている。

 今回の『大奥』では、3代将軍・徳川家光と5代将軍・綱吉、8代将軍・吉宗といった3人の将軍とそれぞれの側室たちの愛の物語が壮大で豪華絢爛(けんらん)な映像世界で紡がれる。

■3代・徳川家光×万里小路有功編

 男女が逆転する起点となるのが「3代・徳川家光×万里小路有功編」。この時代、赤面疱瘡(あかづらほうそう)と呼ばれる奇病が広がり、男子の人口は女子の4分の1にまで激減。本来の3代将軍家光も死亡してしまう。春日局は秘密裏に、家光の娘・千恵を将軍の身代わりに据える。そんな千恵こと家光に仕えることになるのが、公家出身の美しき僧・万里小路有功。彼はいつしか人生を奪われボロボロに傷ついた千恵と愛し合い、大奥総取締として男性中心の大奥世界を構築。千恵自身も女将軍・家光として全国を統治していく覚悟を決めるのだった。

 今回のドラマ版で家光を演じるのは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合)で、主人公・義時(小栗旬)の2番目の妻・比奈を演じた堀田真由。一方の万里小路有功は、自身初の海外ドラマとなる『THE HEAD』(Hulu)の配信も控えている福士蒼汰が演じることに。

 「3代・徳川家光×万里小路有功編」は、2012年に連続ドラマ『大奥〜誕生[有功・家光篇]』(TBS系)として実写化されていて、家光役には多部未華子、有功役を堺雅人が演じた。この作品の演技で多部は「第75回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」の助演女優賞を受賞。堺は「第50回ギャラクシー賞」のテレビ部門個人賞を獲得している。
幾田りらが、2023年1月17日に新曲「蒲公英」を配信リリースする。新曲「蒲公英」は、1月10日に放送スタートとなるNHKドラマ10『大奥』の主題歌で、ドラマにて音源初解禁となる。配信決定に伴い、ジャケット写真も公開された。
“男女逆転”『大奥』2023年・NHK版と2010年代・映画&TBSドラマ版キャストを比較『西洋骨董洋菓子店』『きのう何食べた?』などを手がけた漫画家・よしながふみの代表作『大奥』が実写ドラマ化され、10日からNHK総合「ドラマ10」枠で放送される。この作品については2010年〜2012年にかけて実写化された映画やドラマを覚えている人も多いハズ。ここでは、2023年版と2010年代版の『大奥』のキャストを比較していきたい。

【写真】2010年~2012年の映画・ドラマ版と、2023年NHKドラマ10版『大奥』キャストたち<フォトギャラリー>
 よしながふみの漫画『大奥』は、3代将軍・家光の時代から幕末・大政奉還にいたるまで、男女の立場や役割が逆転した“パラレルワールド”の江戸を舞台に、ジェンダー、権力、疫病といった現代人が直面している社会課題を大胆に問い直した異色時代劇。

 今月からスタートするドラマは『JIN-仁-』(TBS系)シリーズや大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合)、『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)などで知られる森下佳子が脚本を担当することでも注目を集めている。sdfg

 今回の『大奥』では、3代将軍・徳川家光と5代将軍・綱吉、8代将軍・吉宗といった3人の将軍とそれぞれの側室たちの愛の物語が壮大で豪華絢爛(けんらん)な映像世界で紡がれる。

■3代・徳川家光×万里小路有功編sdfg

 男女が逆転する起点となるのが「3代・徳川家光×万里小路有功編」。この時代、赤面疱瘡(あかづらほうそう)と呼ばれる奇病が広がり、男子の人口は女子の4分の1にまで激減。本来の3代将軍家光も死亡してしまう。春日局は秘密裏に、家光の娘・千恵を将軍の身代わりに据える。そんな千恵こと家光に仕えることになるのが、公家出身の美しき僧・万里小路有功。彼はいつしか人生を奪われボロボロに傷ついた千恵と愛し合い、大奥総取締として男性中心の大奥世界を構築。千恵自身も女将軍・家光として全国を統治していく覚悟を決めるのだった。

 今回のドラマ版で家光を演じるのは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合)で、主人公・義時(小栗旬)の2番目の妻・比奈を演じた堀田真由。一方の万里小路有功は、自身初の海外ドラマとなる『THE HEAD』(Hulu)の配信も控えている福士蒼汰が演じることに。

 「3代・徳川家光×万里小路有功編」は、2012年に連続ドラマ『大奥〜誕生[有功・家光篇]』(TBS系)として実写化されていて、家光役には多部未華子、有功役を堺雅人が演じた。この作品の演技で多部は「第75回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」の助演女優賞を受賞。堺は「第50回ギャラクシー賞」のテレビ部門個人賞を獲得している。

WHEN
March 01, 2020 at 2:00am - 2pm
WHERE
The Beverly Hilton
Japan
tokyo 100‑0001
Japan
Google map and directions
CONTACT
golden mama

Will you come?